初の冬キャンプ!哀愁漂う椿荘オートキャンプ場へ突撃


 椿荘オートキャンプ1-2

2015年12月27日。
山梨県南都留郡道志村にある「椿荘オートキャンプ場」へ出陣。

名前椿荘オートキャンプ場
住所山梨県南都留郡道志村4150
TEL0554-52-2056
料金テント:1000円 車:1000円
URLhttp://tubakiso.com/

 

初の冬キャンプであり、今年最後のキャンプである。
本当は行く予定ではなかったのだが、14時過ぎに突然予定が空いてしまい、
「行ったれぇぇぇーーーいぃ!!」
と、突然テンションがMAXになり、行くことにしたのである。

前々から気になっていた「椿荘オートキャンプ場」。
どんなに急いでも16時を過ぎてしまうので少々焦り気味に
テンションを必死に抑えながら準備をした。

 

16時過ぎに椿荘オートキャンプ場へ到着

椿荘で薪を2つ購入し、キャンプ場へ到着したのは16時過ぎ。
あたりは薄暗くなりはじめていた。

まわりを見渡すと自分以外に2組のソロキャンパーがいた。
この寒い時期にキャンプをするとは、まさかプロキャンパーか!!?
とライバル意識を燃やしながらテントの設置を始めた。笑

 

本日デビュー!ノーススターチューブマントルランタン!!

これを使いたくてキャンプに来たと言っても過言ではない。
つ、つ、ついにガソリン式のランタンを手に入れたのである!!

今まで一人で頑張ってくれたコールマンのLEDランタン君も
これで少しは楽になれるね♪

説明書を読み漁り、着火準備OK!!
緊張の一瞬、、、

椿荘オートキャンプ1-2

ピカッ!!!

まぶしっ!!めっちゃまぶしっ!!
なんやなんやっ!?
この暗い中のこの明かりはなんやっ!?
めっちゃまぶしっ!!

2度目のテンションMAX。
独り言がさく裂したのである。

そわそわして木に吊るしてみたり、テントに吊るしてみたり、いろいろした。

椿荘オートキャンプ1-3

取り乱しつつも夕飯の準備に。
取り急ぎ塩辛を作ることに。

椿荘オートキャンプ1-4

味付けは贅沢に「七賢」の純米酒を。

椿荘オートキャンプ1-5

適当に刻んで塩、しょうゆ、七賢で味付けを。

椿荘オートキャンプ1-6

見た目は悪いけど(笑)めちゃくちゃうまい!!

あと、少し贅沢だが高級な缶詰をお供に。

椿荘オートキャンプ1-7

今宵は酔えそうだ。
ビールも日本酒もグビグビ進む。

椿荘オートキャンプ1-8

んで、今夜のメイン酒。「縁(えにし)」。
芋焼酎で若干にごってる。こんな酒は初めてです。

椿荘オートキャンプ1-9

酔いも進みいつものルーティーン、焚火を通すことに。(笑)

椿荘オートキャンプ1-11

道志の冬は寒く焚火だけではしのげなかったのでコールマンシングルバーナーに
アタッチメントを付けました。
これも初デビューです!!

椿荘オートキャンプ1-11

今夜はえらく気持ちがいい。
なんだろう。この感じ。
日頃の疲れを癒すとかそーゆーことではないんだけど、
今日は来てよかったと寒いながらに思った。

今夜は主にこの曲を聴きました。
「バートランドの子守歌」

 

激寒の夜を乗り越えて

正直めちゃくちゃ寒かったです。
天気予報では-6度。
夜中に目が覚めて一口飲んだ缶ジュースが朝、カチンコチンに凍っていた。。

椿荘オートキャンプ1-12

ただ、テントの中は暖かかった。
それもこれもAmazonnで買った湯たんぽが大活躍するとは意外でした。

椿荘オートキャンプ1-20

極寒のなかお散歩をすることに。

椿荘オートキャンプ1-13

椿荘オートキャンプ1-14

椿荘オートキャンプ1-15

椿荘オートキャンプ1-16

椿荘オートキャンプ1-17

腹がへったので料理下手な僕はソーセージを焼き焼き。

椿荘オートキャンプ1-18

んで、納豆と一緒にーーーー!!!!

椿荘オートキャンプ1-19

ソーセージ納豆丼の完成である。

 

最後の満喫タイム

10時過ぎには身支度を終えたのだが、
なんとなく名残惜しい気持ちがあり周辺を散策した。

日当たりが良い場所があったのでそこで読書をすることに決定!
自作のテーブルと椅子をセットし気持ちは高揚したままで。

椿荘オートキャンプ1-21

椿荘オートキャンプ1-22

愛読書を1時間くらい読みふけました(笑)

椿荘オートキャンプ1-23

 

冬の自然は本当に美しい。

椿荘オートキャンプ1-24

椿荘オートキャンプ1-25

椿荘オートキャンプ1-29

椿荘オートキャンプ1-26

椿荘オートキャンプ1-27

椿荘オートキャンプ1-28

 

2015年。
今年は色々なことがあったと思う。

良いことも。嫌なことも。
ただ、この景色を見てると全てが吹き飛んでしまう。

笑。
今、家に帰って酔っ払いながらくさいことを書いている自分に
来年も良いことがありますようにと、考えるのでした。

皆さま、2016年はさらなる良い年を!!