まさにジブリの世界。パインウッドキャンプ場へ出陣!


パインウッドキャンプ場1-36

2016年5月22日。
山梨県山梨市にある「パインウッドキャンプ場」へ出陣。

名前パインウッドキャンプ場
住所〒405-0045 山梨県山梨市大工1946
TEL0553-22-6096
料金車込みで2000円。
バイクはもっと安いかも。
その他・事前予約必須。
・入場は12時から。
・炊事場(水道)がないけど管理人さんから水を10Lほどいただける。
ただ、事前に用意していった方が無難かも。
・薪用木材が無料で利用可!

この日の天気は快晴。
久々のソロキャンプを前に前日からテンションが上がりっぱなし!

今回は 湖、森、海、川、絶景、、等々のジャンルがある中、
絶景を最優先として調べた結果、意外にも家から1時間弱にある
「パインウッドキャンプ場」がヒットした。

検索画像からでも伝わってくる絶景感!
12時からの入場可ということなので、その時間に合わせ出発。

 

場所はほったらかし温泉の近く

ここ10年くらいでしょうか。ほったらかし温泉が有名になったのは。
そんなほったらかし温泉の目と鼻の先にあるパインッドキャンプ場。
GoogleMAP先生の案内で問題なく到着できます。

入口にはちょこんと看板が。

パインウッドキャンプ場1-12

キャンプ場へと続く道。
いいですね~。

パインウッドキャンプ場1-13

そして、木彫りの看板。
しゃれてます。

パインウッドキャンプ場1-14

キャンプ場へ到着すると、管理人さんから水10L ほどと、ごみ袋がいただけます。
とても感じの良いおしゃれな管理人さんです。

キャンプ場の中へ入るとオシャレな建物が。

パインウッドキャンプ場1-9

ここにある大量の木材はなんと無料!!
焚き火し放題です^^

パインウッドキャンプ場1-8

飛行機型のかざぐるま。
自然とマッチしてすごく良い感じです。
これって正式名称はあるのでしょうか?

パインウッドキャンプ場1-3

あぁぁ~、なんだこのノスタルジックな気持ちにさせてくれる風景は~(T T)

パインウッドキャンプ場1-16

ん?
下になんかいるぞ・・・

 

パインウッドキャンプ場1-5

なんやこいつ・・・

パインウッドキャンプ場1-6

なんや・・・

パインウッドキャンプ場1-7

キリッ!

 

テントを設営し近くを散歩。ここはジブリの世界だ。

到着後、すぐにテントを設営。
慣れたもので30分弱でタープ・テント全ての設営が完了した。
(各々1個しかないのでそりゃ慣れるか・・)

パインウッドキャンプ場1-17

 

パインウッドキャンプ場1-18

なんだろう、
解放感抜群なサイトなのに、プライベート空間をしっかり保ててる。
素晴らしい立地です。

見てください!この景色。

パインウッドキャンプ場1-4
遠くには甲府盆地が見え、山の斜面には葡萄畑が。
(葡萄畑じゃなかったらすみません・・)

パインウッドキャンプ場1-15

散歩していると細い道がいくつも存在し、
その道は穏やかな光と共に緑の木々に囲まれてトンネルを形成している。

ふと、「となりのトトロ」のワンシーンが思い浮かんだ。
サツキの妹のメイがトトロと出会うときに潜り抜けた道だ。
この道を突き進めば、きっとトトロに出会えるかもしれない・・・

(いい年したおっさんが浸ってしまいすみません・・)

パインウッドキャンプ場1-11

はぁーーー!
ノスタルジーーーーックーーー!!!!!

胸がーーー、胸が苦し~~~~

 

夕飯の準備。今回は気合いを入れて・・

少々取り乱しました。すみません。

夕飯の準備です。
と、その前にまずはちょっとしたつまみを作り酒を浴びて
気合いを入れます!
大量に谷中生姜を仕込みました。

パインウッドキャンプ場1-23

そして今回のメインは角煮です!

ただ、シーズニングが甘かったのかキャプテンスタッグ ダッチオーブンが若干赤いです。これは赤錆というやつでしょうか・・

パインウッドキャンプ場1-20

パインウッドキャンプ場1-21

時間にも余裕があるので再度シーズニングをすることにしました。
たわしで赤錆を落とし、オリーブオイルをまんべんなく塗って
煙が出なくなるまで火に炙ります。

パインウッドキャンプ場1-22

2,3回繰り返したらよい感じの黒さがでてきました。

気を取り直して、夕飯の準備です。

パインウッドキャンプ場1-19

本日の主役になる豚肉ブロック。

これをまずはダッチオーブンで蒸し焼きにしていきます。
肉汁汚れ防止のためにアルミホイルを引きその上に網を引いて
蓋をし、30分ほど待ちます。

良い感じ火が通りました。

パインウッドキャンプ場1-24

その肉を取り出して

パインウッドキャンプ場1-25

角切りにし、

パインウッドキャンプ場1-26

炒めます。煮崩れ防止です。

パインウッドキャンプ場1-27

調味料をドーーーン!

量は適当です・・

パインウッドキャンプ場1-29

煮ます。

 

パインウッドキャンプ場1-28

かんせーーーい!!
はじめてにしては上出来の味でした ^^

パインウッドキャンプ場1-30

角煮だけでは寂しいのでキノコのホイル焼きも~

パインウッドキャンプ場1-31

 

100万ドルの夜景。パインウッドキャンプ場

夕飯の支度が終わり、晩酌を始めるとあたりは薄暗くなりはじめ昼間とは違った景色が広がっていました。

パインウッドキャンプ場1-33

浸るにはウィスキーですかね。笑

パインウッドキャンプ場1-32

パインウッドキャンプ場1-34

 

パインウッドキャンプ場1-36

 

パインウッドキャンプ場1-35

なんとも贅沢な時間。
好きな場所で好きな音楽を流し好きな酒を浴びる。

この今いる贅沢な空間を手間暇かけて作り上げるってところにキャンプの楽しさがあるのだろう。

友人や親などにソロキャンプの話をすると、変わり者扱いされちゃうのですが
この体験を知れば、理解してもらえると思うのにな~

まぁ、いっか。笑

パインウッドキャンプ場1-37

 

パインウッドキャンプ場1-38

 

朝食はいつものオリジナルメニューで

夜は酔いに任せてぐっすりと就寝できました。
ただ、久々の二日酔いで頭が痛い・・・
かっこつけてウィスキーのロックなんて飲むからだ・・・

今回は米も自分で炊こう!ということで、スノーピークトレック900を使うことに。

パインウッドキャンプ場1-39

ふっくらと良い感じだ。

パインウッドキャンプ場1-41

LODGE(ロッジ) のスキレットでソーセージを炒め、

パインウッドキャンプ場1-40

納豆ソーセージ卵丼の完成である!笑

パインウッドキャンプ場1-42

 

今回も本当に充実した野遊びができました。