変わらない仲間達。桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)で三度の再会


桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-1

2016年7月30日。
滋賀県高島市にある桑野橋河川公園、通称 朽木キャンプ場へ出陣。

名前桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)
住所〒520-1423 滋賀 県 高島 市 朽木 大野 420
TEL不明
料金大人1日500円
その他・500円と激安。ただ、朝の8時半が更新時間のようで
管理人さんがお金の回収にくる。
500円ですませたい方は8時半までにチェックアウトを!

 

今回はグループキャンプということで、私がキャンプを始めるきっかけとなった方々と3度目の
キャンプとなる。
# 以下は過去2回の記事です。
川湯野営場で人生を変えた仲間たちと久々の再会!
初ソロキャンプ!人生を変えた陣馬形山

最初に言っておきましょう。
このキャンプは終始飲んでて肝心の写真をほとんど撮っていないのである!(゜ロ゜)

 

人生初の琵琶湖に感動

山梨から滋賀県まで車で約5時間。
かなりの距離である。
ただ、半年前に和歌山県へ行ったときは7時間半かかったので
なんだかそこまで遠く感じない。不思議なものです。

朝5時に出発し、10時には琵琶湖につきました!
こりゃ、海ですね!

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-2

山梨には富士五湖があるのですが、
その何倍もでかい琵琶湖にただただ感動。
向こうの岸が見えないほどのでかさ。

琵琶湖周辺には、織田信長の足跡をたどることができる。
湖東には安土城、湖西には延暦寺。
私はそんな歴史の風を感じながら、湖の畔を散策したのであった。

(高校時代の日本史は、5段階評価で 2 か 3 でした・・・)

 

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)で三度の再会

琵琶湖の散策を終え、平和堂というスーパーマーケットで買い物。
関東では聞きなれないスーパーだが、滋賀県を中心に近畿・北陸と多数に展開しているスーパーのようだ。
品物が充実していました。

平和堂今津店から30分ほど車を走らせ、朽木キャンプ場へ到着!
11時頃の到着だが、あたりは既に賑わいをみせていた。

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-6

先に到着していたリーダーとは三度の再会!!
な、なんとリーダーは7時半に到着していたと言う・・・
寝れなくて3時半に起床したとか。笑

そして今回、リーダーの幼馴染というI君と初めてお会いしました。
初めてなのにすごい親近感。まるで昔からの友人のような。
にじみ出る親近感。なんだろう、めっちゃ落ち着く。笑

リーダーとI君は朝からテンションが物凄い高い。
幼馴染なのに何を話すことあるねん?というくらい喋りまくってる。

とりあえず酔っぱらうと写真が取れなくなるのでその前に撮影・・・

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-5

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-8

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-9

テントを設営していると、大阪のおっちゃんに、
「このテント、コールマンとスポーツデポのコラボ商品やろ?
これめっちゃほしいねん!ちょっと中見させてもろてええか?」
と話しかけれた。
まず、コラボ商品ということをそこで初めて知ったのだが、おっちゃんのこの距離感の近さにびっくり。笑
関西人っていいなーと思いました。

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-10

しばらくは、3人で談笑していると、U君が到着。
U君とも三度の再会。相変わらずかっこよくて良い人だ。

そして、Tさんが到着。BMWのでっかいバイクにのり颯爽と現れた。
Tさんとも初めてお会いする。
Tさんはリーダーと同じ職場の人とのこと。
前々からTさんの話はリーダーから聞いていたので、この出会いは本当にうれしかった。

5人揃ったところで近くの温泉へ行き、そのあと本格的な「飲み会」が始まったのである・・・
Tさんが買ってきたのは、カワハギの刺身!!しかも肝醤油付き!!
すんごーーーーーーいうまい!!!神がかっていたのである!

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-4

リーダーが角煮を作る。
これも絶品!!

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-7

ツマミはうまいし、酒もうまい!!
宴は午前中から始めり、夜中まで続くのである。

写真を全然とっていないのが本当に後悔(T T)

 

もちろん二日酔いで起床

見て下さい。この散らかり様・・・

桑野橋河川公園(朽木キャンプ場)1-11

ザ・男のキャンプである・・・
凄まじい勢いでこのキャンプは始まり、終わっていったのでした。
前回もそうですが、次の再会を約束しお先にお別れしたのでした。

最後に何度もこのブログでは言っていますが、この方達との出会いがキャンプにはまった起因であり、
現在の自分を形成している要因であります。

心から感謝申し上げます!!それではまた!